スキルアップをキャリアにつなげるためには

エンジニアがスキルアップをしてキャリアにつなげていくためには、ただがむしゃらに頑張ったり、真面目に努力するだけではなく、要領の良さや勘も必要である。その理由はIT業界での査定評価は非常に難しいのが実態で、その人の能力を正しい物差しで正確に評価することが困難であるからだ。他の企業だと簡単、というわけではないが、IT業界の仕事はその成果に対し、定量的な判断をすることができない。
それは、その設計がすごく難しいのか、そうでないのか、それは実際にやってみないとわからないことが多いからである。勿論、ある程度、定量的に積算する方法等は考えられるが、例外な場合が多く、その積算結果を100%信用することがなかなか難しいのが現実である。評価のように、それで該当者の出世や待遇に影響するようなものであればあるほど、どうしても最後に人の手で操作して終わり、ということが多いのが現状である。これは非常に大きな問題であり、常に客観的かつ定量的なジャッジができない、ということになり、個人の好き嫌い、主観が大きく影響してしまう可能性があるのである。
よって、エンジニアが評価を得ていくためには、その能力や努力を正しく認めてもらう要領の良さや人間関係の構築が非常に重要であり、これができないエンジニアは努力に努力を重ねても、社内において結果的にその能力を評価してもらえない可能性があるため、スキルアップがキャリアの構築に活かせるよう他の部分でも努力が必要なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です